blog

チーズ会のチーズ(その6)

 ギリシャのフレッシュチーズ「フェタ」。

斎藤さんのコメント
「古代ギリシャ時代からほとんどかわっていないチーズ。原料乳やそのミルクを出す動物も定められた種のものであることなど、厳しい規定をクリアしなければフェタと名乗ることは出来ません。
今回の会でご案内するのは羊乳に山羊乳をミックスしたタイプ。豊かな羊乳の風味の中に爽やかな余韻が楽しめます。また塩水の中で熟成させるために強い塩味があり、塩抜きするのが一般的な食べ方です。今回は、乳飲料で塩抜きしてドライマンゴーと合わせてフルーティなフェタチーズをご試食頂きます。」

懐の深いチーズっぽいので、ワインはなんでも合いそうですね。

当日、チーズはあと二種類をお出しする予定です。残りはお楽しみ!

2015-08-24 | Posted in blogComments Closed 

 

チーズ会のチーズ(その5)

チーズ会チーズ(その5)

イタリアの有名なハード系チーズ

「パルミジャーノ・レッジャーノ」

今回は熟成違い(13か月、24か月、36か月)の食べ比べをします。
興味深いですね~

斎藤さんのコメントです。

「イタリアチーズの中で最も有名で、世界中で愛されているチーズと言えば、やはりパルミジャーノ・レッジャーノ。パスタに、サラダに、おつまみにとその用途は多岐に渡りますが、今回は熟成の異なる3種類のパルミジャーノを揃えました。それぞれに独自の個性があり、新たな世界が広がること請け合いです。
※繊細な味わいが楽しめる13ケ月熟成
※深い味わいとふくよかな旨みの24ヶ月熟成
※熟成を重ねた深い旨味とコクの36ヶ月熟成」

ワインどうしよう~

2015-08-19 | Posted in blogComments Closed 

 

チーズ会のチーズ(その4)

IMG_2816

チーズ会のチーズ(その4)

イタリアのブルー 「デリツィオーラ ディ カプラ」

ヤギのブルーで珍しいらしいです。

斎藤さんのコメントです。

「北イタリアのロンバルディア州で作られる珍しい山羊乳製のブルーチーズ。同じ地域で作られる「ゴルゴンゾーラ」と、製造方法が似ており、柔らかい組織の中に広がるカビの様子などが似ています。山羊乳で作られる事でクリーミー過ぎず、シャープながらも塩辛さはマイルドで、デリケートなカビの香りがほんのりと広がります。イタリアのブルーチーズの最高傑作ゴルゴンゾーラの山羊乳版!ココナッツジャムともマリアージュしていただきます!」

コメント見ただけでもうまそうです。涼しくなってきたしワインは力強い赤かなあ~

2015-08-15 | Posted in blogComments Closed 

 

お盆休みのお知らせとチーズ会のチーズ(その3)

お盆休みのお知らせです。

13日 通常営業
14日ー17日 休業
18日 通常営業

よろしくお願いします。

チーズ会のチーズその3は
フランスのシェーブル(ヤギのチーズ)
「トーピニエール」

欧グルマン斎藤さんのコメント

「モグラ塚という意味の山羊乳製チーズでふんわりとしたお饅頭のようなユニークな形。フ
レッシュタイプですが、穏やかな酸味で、クリーミーなニュアンスもあり、ふわっと
した舌触りが心地よいチーズです。」


2015-08-13 | Posted in blogComments Closed 

 

チーズ会のチーズ(その2)

今回のワイン会でお出しする次のチーズをご紹介します。

フランスの白カビ「ブリー・ド・モー」(ロートシルト)

欧グルマンの斎藤さんからのコメントです。

「チーズの王様と呼ばれる大型の白カビチーズ。中でも農家製はワインで
有名なロートシルト家が所有する1軒のみと大変稀少。搾乳から製造、熟成
と一貫して行う農家製ならではの乳質の高さが、上品かつ力強い味わいから
うかがい知れます。熟成期間も約6~7週間で75%の熟度で出荷されるこだ
わりの逸品でもあります。」

これは泡でも、白でも、赤でもいけそうですね~

2015-08-08 | Posted in blogComments Closed 

 

vin! vin!! 縁日!!!  2015.9.13 SUN 開催!

vinvin2015forblog.jpg

今年も
vin! vin!! 縁日!!! 
開催します!

vin! vin!! 縁日!!! ヴァン ヴァン エンニチ
[自由なワインと楽しむ夕べ]

自由なワインはブドウが生き生き
自由なワインは個性がきらきら
自由なワインは体がよろこぶ!!


◎日時 2015.9.13 SUN 17:00~20:00

◎会場1 博多水炊き専門 橙
福岡市中央区大手門1-8-14 MAP
電話1(プッシュホン)(092)726-0012
会場2 焼とり 鳥次
会場3 クロマニヨン

◎チケット(ワイン代・グラスポーチ含む)
前売 ¥4,000
当日 ¥4,500
※おつまみ&ソフトドリンク等はキャッシュオンです
※未成年は入場無料です
※販売状況により、当日券は出ない場合もあります

◎主催 / チケットのお申込み&お問合せ
とどろき酒店
電話1(プッシュホン)092-571-6304
info@todoroki-saketen.com
イベントの最新情報は「とどろき酒店」で検索
チケットは出店店舗各店にて販売

☆ワイン
気候や自然と共存しながら自由な発想で作られたワインを飲むと、
体が素直によろこびます。
その魅力にとりつかれたインポーター(輸入元)が
造り手や現場の話をしながら、ワインを注ぎます。

<参加インポーター>
ヴァンクゥール
ヴィナイオータ
ヴォルテックス
ディオニー
野村ユニソン
ラシーヌ

☆出店【縁日おつまみ】
il fait Soif イルフェソワフ
ECRU. エクリュ
クロマニヨン
蕎麦前 出谷右衛門 そばまえ でやえもん
博多水炊き専門 橙 だいだい
焼とり 鳥次 ちょうじ
Yorgo ヨルゴ
Yumekichi Wine ユメキチワイン
Dr.ポップコーン コウちゃん

☆LIVE ウクレレでルルル みんなで歌ったり、踊ったり♪
とんちピクルス
zerokichi

☆DJ おいしいワインにいい音楽!
マツヲシンヤ
恵谷 和史

2015-08-05 | Posted in blogComments Closed 

 

チーズ会のチーズのご紹介(その1)

今回のワイン会でお出しするチーズをご紹介します。

まずひとつめは、オランダの「フェルメール」というチーズです。

欧グルマンの斎藤さんからのコメントです。

「2012年アメリカで開催された、インターナショナル・チャンピオンシップ・チーズコンテストにて世界チャンピオンになったチーズです!低脂肪、低塩でありながら、濃厚な熟成感があり、かつスッと後引きの良い旨み。22週間熟成ですが、旨みの結晶であるアミノ酸の塊が随所にみられます。17世紀にオランダで活躍した画家の名前のついたプレミアムチーズ!」

ワインはフルーティーな白とでも合わせますかね~

2015-08-04 | Posted in blogComments Closed 

 

第5回チーズとワインの会(終了しました)


(写真は昨年のチーズ会のものです)

終了しました

こんにちは、イル・フェ・ソワフの大熊です。
だいぶブログの更新が滞っております(すいません!!)が、いつも通り営業してます(笑)

さっそくですが、ワイン会のお知らせです。
第5回となりました!「チーズとワインの会」を今年もやります!

今回もチーズのご案内役として、欧グルマンの社長、齋藤さんを講師としてお迎えしてのワイン会となります。
欧グルマンホームページ http://au-gourmand.com/
各チーズに合わせてワインを少しずつサービスするスタイルで行います。
チーズは斎藤さんにお願いしてフレッシュ、白カビ、青カビ、ウォッシュ、シェーブル、ハードなど幅広くご用意していただいております。
今回のメインは、熟成期間の異なるパルミジャーノ・レッジャーノの食べ比べ!
なんと!36か月ものも登場します!これは希少品ですよ~
ワインもこれに負けないものをご用意します。これを機会にチーズとお友達になりましょう!!!

今回のワイン会は2部制でおこないます。
日時 2015年8月30日(日曜日)
     1部 13時~15時
     2部 16時~18時
場所 イル・フェ・ソワフ 警固1-4-7 092-713-4550
会費 お一人様 5400円(税込)
内容 チーズとワイン
参加希望の方は、お手数ですが8月26日(水)までに
1部か2部をご指定いただきお申し込みをお願いいたします。
お申し込みは、メール(info@ilfaitsoif.com)
またはお電話(092-713-4550)にて受け付けております。
ツイッターでは受け付けておりません。
定員になり次第受付を終了させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。
2015-07-21 | Posted in blogComments Closed 

 

3.11を忘れない

2015.3.11
Vin de MICHINOKU 2014
全国で自然な東北のワインがつながります。

同じ空の下同じワインで
心寄せる一日に

2015-03-11 | Posted in blogComments Closed 

 

春の菜園シーズンの到来です

さて、少しずつ春っぽくなってきましたね~
畑も春のシーズンが到来です。

とりあえず、じゃがいもを10キロうえます
今回はメジャーな品種の”男爵”を植えてます。
収穫は6月上旬、梅雨前の予定です。

夏のポテトサラダにする予定です。

2015-03-08 | Posted in blogComments Closed